2020年06月03日

県境をまたぐ移動は慎重に

A156CD63-26AE-4370-82AE-E7870C23691F.jpg
新型コロナウイルスの緊急事態宣言が解除され、国道や県道のメッセージの表現が、少し穏やかになりました。

「都道府県をまたぐ移動は慎重に」

このメッセージ、県境の町である愛南町では、別の意味もあるのです。

愛南町から県をまたぐ時、最も多いのが、国道56号線を使う、高知県宿毛市への移動です。

この国道、愛媛県愛南町と高知県宿毛市の境は、愛南町から行くと、直線の下り坂で、スピードが出やすいのです。

そして、そこは高知県警さんが速度取締りを行うポイントでもあります。
実際、私もうっかりそこで高知県警さんから高知県への寄付金振込用紙を頂いたことがあります。

つまり、このメッセージの当地での意味は、国道56号線の県境付近の、高知県警さんの取締りに気をつけて安全運転せよ、ということになるのです。

知らんけど。



posted by くまのおっさん at 08:35| Comment(0) | よもだ話 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。