2020年06月10日

十日の菊 六日の菖蒲

CF85EBF5-8072-441E-AD1A-9A96BDEDA78D.jpg
政府の肝入りで作成したマスクが届きました。

とはいえ、私はアレルギー持ちなので、事前にひとシーズン分のマスクを購入していた上、今は市場にも安価な使い捨てマスクが充分に出回っています。

その上、布マスクはアレルギー対策には使えないため、私にとっては使い道が限られます。

では寄附しては、とも思いましたが、これだけ市中にマスクが出回っていると、「どなたか必要な人に」の「必要な人」が想定できません。
仮にいたとしても、運搬や仕分けには、労力がかかります。

物の寄附は、適時に適物でないと、貰った側のありがた迷惑になります。
残念ながら、このマスクは、配布の適期を逸しました。
震災で、大量の支援物資を廃棄せざるを得なかった事例を、政府は覚えていないのでしょうか。

そう考えると、もしかしたら、このマスクは、そっと燃えるゴミに混ぜ込むのが、最も穏便な処分方法なのかも知れません。

私は、それではもったいないので、ありがたくクルマの窓拭きとして使わせて頂こうと思います。



posted by くまのおっさん at 08:00| Comment(0) | よもだ話 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。