2017年05月22日

木成り甘夏の収穫

3959F9BF-5678-4FBC-B4AE-163B816D061C.jpg

初夏の陽気が降り注ぐ当地。
贈答用の木成り甘夏の収穫を始めました。

現在、甘夏みかんの収穫は一月~二月の冬季に行われ、それから数ヶ月の間貯蔵した上で、出荷されるのが通常です。

それは、農薬による防除や作業段取りの都合、貯蔵性や棚持ちが良い事、そして何より外観が良いことが理由です。

しかし、名前の通り、甘夏の本来の旬は、初夏です 。
当地では、今から六月にかけてが、一番、美味しい採れたて甘夏の季節です。

貯蔵モノに対して、旬までずっと木に成らせておいた柑橘を「木成り」といい、味はこちらの方が良いことは、柑橘に詳しい人の間では常識です。

しかし、見た目に、貯蔵モノとは大変な差があり、棚持ちも良くないので、残念ながら、市場には、あまり流通しません。

17B582B3-E9A1-4810-8DB4-24C6D7229BB2.jpg

木成りにしておくと、日光で焼けるなどして、写真のように、外皮の部分はとても汚れた感じになってしまうのです。

C9AD2B56-0BA6-42C5-9FF6-9B4CA3EF2D64.jpg

でも、中身はこの通り。
貯蔵モノよりもジューシーで、酸味も程よい、暑気払いにピッタリの味です。

中身で勝負、今が旬の木成り甘夏は、いかがでしょうか?



posted by くまのおっさん at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 甘夏、作ってます | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

法華津峠

CE96FF28-1375-42C7-B596-F7DD7F6B8768.jpg

宇和島市と西予市の境目、国道56号線の旧道の近くに、法華津峠の展望台があります。

国道から展望台までは狭く曲がりくねった山道が続き、車はほとんど通りません。
ここを訪れる人もあまりありません。

知名度も高いとはいえません。
何しろ、南予で産まれ育ったウチの母が、来たこともないという位です。

しかし、ここからの景色は、素晴らしいものです。
みかん畑、海に浮かぶ島々、さらには遠く九州まで、様々な表情を持つ景色が、目に映ります。

まさに隠れた名所といえる法華津峠の展望台、宜しければ、訪れてみてください。
posted by くまのおっさん at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ふるさと ふるさと わが愛媛 | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

雨上がりの仕事

前日が雨だったので、昨日は早朝から作業でした。

まずは甘夏の草刈りをしました。
甘夏の花、もう少しで咲きそうです。

99FD08AA-3B99-4C48-A917-F6FBEF1017E8.jpg

続いて、ビワの摘果と袋かけ。
ひと房に、状態を見て3~5個の実を残して他を摘み取り、ついでにゴミなどを払い落としてから、保護用の袋を掛けました。
出荷するというよりは、ほぼ贈答用ですが。
53ABE258-E026-4E7D-8FB4-123145A2D967.jpg

春は何かしら、仕事がある季節です。

posted by くまのおっさん at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業関連の話 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。