2024年05月02日

イノベーターのジレンマ

「イノベーターのジレンマ」とは、クレイトン・クリステンセンが1997年に提唱した企業経営の理論で、大企業が新興企業の前に力を失う理由を説明しています1。この理論によると、大企業は既存の事業や技術に固執し、新興の事業や技術を小さく魅力なく見てしまい、カニバリズムによって既存の事業を破壊する可能性があるため、新興市場への参入が遅れる傾向にあります1

持続的イノベーション破壊的イノベーションの対比から見ると、持続的イノベーションは既存ビジネスモデル内で製品の性能を高める改善的なイノベーションであり、既存顧客を対象にしています。一方、破壊的イノベーションは従来製品の価値を破壊して全く新しい価値を生み出すもので、潜在的な顧客を対象にしています1

イノベーターのジレンマの発生要因は以下の通りです1:

  1. 企業は顧客と投資家に資源を依存している。
  2. 小規模な市場では大企業の成長ニーズを解決できない。
  3. 存在しない市場は分析できない。
  4. 組織の能力は無能力の決定的要因になる。
  5. 技術の供給は市場の需要と等しいとは限らない。

イノベーターのジレンマを防ぐためには、独立した小規模組織に十分な経営資源を割り当てて新事業を任せ、次のイノベーションを生み育てることが重要です2。例えば、かつての日本の携帯電話市場はガラケーに固執していたため、iPhoneのような破壊的イノベーションに対応できず、市場を奪われてしまいました2

このように、イノベーターのジレンマは、業界トップの企業が次のイノベーションを見逃し、市場の変化に対応できない状況を指し示しています。企業が持続的な成功を収めるためには、このジレンマに対処し、柔軟に新しい市場や技術に適応する必要があります。

--------

使用AI:Microsoft Copilot / Designer

(注釈)

「イノベーターのジレンマ」について解説してもらいました。

他のAIにも訊きましたが、一番マトモなMicrosoft Copilotの回答を採用しています。

ただ、Microsoft Designerに、「標識の文字を日本語に」と指示すると、下のような画像ができました。

だめだこりゃ・・・

AIの中の人(?)はやっぱりアメリカ人なんだと実感しました。

posted by くまのおっさん at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | AIに書かせてみた | 更新情報をチェックする