2024年07月21日

予言の誤解

1999年7月、世界中が恐怖に震えていた。ノストラダムスの予言によれば、「恐怖の大王」が空から降りてくるはずだった。各国首脳は緊急会議を開き、軍隊は待機状態に入った。
そして運命の日、夜空に奇妙な光が現れた。人々は息を呑んで見守る中、小さな黒い影が地上に降り立った。
その正体は...一匹の蚊だった。
科学者たちが慌てて調査したところ、この蚊は確かに宇宙から来たものだったが、地球の蚊とほぼ同じだった。唯一の違いは、宇宙放射線の影響で少し大きくなっていることだけだった。
結局、予言された「恐怖の大王」は、ちょっと大きめの蚊に過ぎなかったのだ。人々は拍子抜けし、同時に安堵の笑いが世界中に広がった。
この出来事以降、人類は予言や噂に惑わされることなく、科学的な思考の重要性を再認識したのだった。
そして、その夜、一人の占い師が密かに蚊取り線香を灯しながらつぶやいた。「まあ、予言は当たったと言えば当たったんだけどね」

--------
使用AI:Claude / タイトル画像作成:Microsoft Copilot

(注釈)
昔懐かしの、ノストラダムスの大予言について書いてもらいました。全AIがその内容を知っていました。その中で、個人的に一番まともに思えたClaudeの作品を採用しました。
posted by くまのおっさん at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | AIに書かせてみた | 更新情報をチェックする

2024年07月20日

楽園の黄昏

西暦2050年、かつて日本と呼ばれた国は形骸化していた。少子高齢化の波濤に飲み込まれ、国家としての機能を失ったこの地に、かつての面影は微塵も残っていない。
荒廃した街に佇むのは、老齢と絶望に打ちひしがれた人々だけ。かつて輝いていた高層ビルは朽ち果て、緑が野蛮に繁茂し、かつて活気に満ち溢れていた路地は、今や死寂に包まれている。
そんな地獄のような世界で、17歳の少年アキラは生き延びるために必死に戦っていた。彼の家族はすでにこの世を去り、彼はたった一人で孤独な旅を続けている。
ある日、アキラは他の生存者たちと出会う。彼らは皆、同じ絶望を共有しており、互いに支え合いながら生きていた。しかし、彼らの生活は楽観的なものではない。食料と水は常に不足しており、常に盗賊や凶悪犯の脅威にさらされていた。
ある夜、アキラたちは恐ろしい決断を迫られる。村に老人が一人だけ残されていたのだ。村の食料は底を尽きかけており、老人はもはや負担にしかならなかった。
長い議論の末、村人たちは老人の命を奪うことを決意する。アキラは必死に反対するが、彼の意見は聞き入れられなかった。そして、その夜、老人は静かに息を引き取った。
その日から、アキラは村人たちの目を恐れるようになった。彼は自分が犯した罪の重さに耐えられず、村を出て一人で旅立つことを決意する。
旅の途中、アキラは様々な人々と出会い、様々な経験をする。中には、希望を失い自暴自棄になっている人もいれば、最後まで人間性を捨てずに生きようとしている人もいた。
アキラは、旅を通して人間とは何か、そして生きるとはどういうことなのかを問い続ける。絶望と希望が交錯する世界の中で、彼は自分自身の答えを見つけていく。
果たして、アキラは再び楽園を見つけることができるのだろうか?


この物語は、少子高齢化という問題が極限まで進んだ世界を描いたフィクションです。しかし、決して絵空事ではありません。現実世界でも、少子高齢化は深刻な問題となっており、このまま何もしなければ、日本もいずれ同じような運命を辿る可能性があります。
この物語を通して、私たち一人一人が未来について考え、行動を起こすことの大切さを改めて認識する必要があるのではないでしょうか。

--------
使用AI:Google Gemini / タイトル画像作成:Microsoft Copilot

(注釈)
Google Geminiは、政治的な内容の文章をしばしば生成拒否しますが、なぜか日本が2050年に破綻するという内容の文章は書いてしまいます。


posted by くまのおっさん at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | AIに書かせてみた | 更新情報をチェックする

2024年07月19日

国破れて道路あり

2045年、かつて世界を誇った日本の経済は崩壊寸前だった。少子高齢化が進み、労働人口は激減。社会保障費は膨らみ、国家財政は破綻寸前だった。

そんな中、当時の政権は、奇策とも言える政策を打ち出した。それは、少子化対策を放置し、経済活性化のために新規道路建設に莫大な投資を行うという計画だった。

この計画は、猛烈な批判を浴びた。しかし、政権は強行に推進した。全国各地に高速道路やバイパス道路が次々と建設され、日本の道路網はかつてないほど充実した。

しかし、皮肉にも、その繁栄は長くは続かなかった。道路は完成しても、それを走る車は増えなかった。少子高齢化の影響で、免許を持つドライバーは激減していたのだ。

さらに、地方では、道路建設によって自然環境が破壊され、観光客が減少するなど、新たな問題も発生した。

そして、ついに2050年、日本経済は完全に破綻した。国家財政は破綻し、社会保障制度は崩壊。国民は貧困と絶望に陥った。

皮肉にも、かつてないほど充実した道路網を持つ日本は、もはや機能していなかった。車はほとんど走らず、道路は荒れ果てていた。

「国破れて道路あり」という言葉は、まさにこの状況を言い表していた。


この物語は、フィクションである。しかし、少子高齢化や経済政策の失敗がもたらす社会への影響について、考えさせられるものがあるだろう。少子高齢化対策や経済政策は、慎重かつ長期的な視点で行う必要がある。安易な政策は、取り返しのつかない結果を招きかねない。
私たちは、未来の世代のために、どのような日本を築いていきたいのだろうか?


--------
使用AI:Google Gemini / 画像生成:Microsoft Copilot

(注釈)
Google Geminiは今比較対象としているAIの中では政治的な文章を拒絶する事が一番多いのですが、なぜか上のような文章は上手く書くことが出来ます。これはこれで、政治的に相当な偏向だと思うのです。
そして、昨日の文章と併せて読むと、どうやらGoogle Geminiは日本が2050年に限界を迎えて破綻すると想定しているようです。


posted by くまのおっさん at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | AIに書かせてみた | 更新情報をチェックする