2024年07月01日

プロンプトミスによるハルシネーション(捏造)

プロンプト:
以下は北野武さんの舞台脚本作品「路地裏のゲロ」の感想を書いた文章です。
読みやすく書き直して下さい。
(注釈:原案の文章を書く前に誤って改行してしまいました。)

ChatGPT-4oによる回答
--------
もちろんです。以下に「路地裏のゲロ」の感想文を読みやすく書き直しました。
北野武さんの舞台脚本作品「路地裏のゲロ」を観ました。この作品は、独特なユーモアと鋭い社会批判が交錯する、非常に印象的なものでした。
物語の舞台は、東京の下町にある小さな路地裏。登場人物たちは、一見普通の人々ですが、それぞれに隠された背景や問題を抱えています。北野監督らしい視点で描かれた彼らの生活は、現実の厳しさと共に、どこか温かみも感じさせます。
特に印象に残ったのは、主人公のゲロ。彼のコミカルな行動や言動には笑いが絶えませんが、その背後には深い悲しみや孤独が垣間見えます。このキャラクターを通して、北野監督は人間の複雑さと、その中に潜む普遍的な感情を巧みに表現しています。
舞台のセットも素晴らしく、細部にわたって丁寧に作り込まれていました。観客として、その場にいるような臨場感を味わうことができました。また、音楽や照明の使い方も効果的で、物語の雰囲気を一層引き立てていました。
「路地裏のゲロ」は、笑いあり、涙ありの作品でありながら、社会の裏側に鋭く切り込むメッセージが込められています。観終わった後も、さまざまな思いが頭を巡り、深く考えさせられる一作です。北野武さんの才能と独自の視点に改めて感服しました。
--------

Microsoft Designerによるタイトル画像
--------
--------

(注釈)
ChatGPT-4oには珍しい、典型的なハルシネーション(もっともらしい嘘の生成)が発生しました。
私が観劇した「路地裏のゲロ」の感想文をChatGPTに添削してもらおうとした際、プロンプトミスで添削対象の本文を抜かしてしまいました。
結果、誤ったプロンプトを頑張って処理しようとしたChatGPTは、当たり障りのない一般的な観劇の感想文を1から作成してしまいました。
なお、主人公の名前は「ゲロ」ではありませんし、笑いはありましたが涙はありませんでした。
posted by くまのおっさん at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | AIに書かせてみた | 更新情報をチェックする