2024年05月27日

時制の消滅

時制の使い分けができない子供が増えている。記録メディアのなかった古代では、時制の区別は明確だった。現在の時間は唯一の現代であり、実際に経験したことが過去で、まだ経験していないことが未来だからだ。
文字という文明の利器の出現によって、時制の概念は少し変わった。文字は、過去のある時点の記録をそれ以降も自由に参照できるようにしたからだ。しかし、書かれた記録を通じて過去を振り返ることは、実際の経験とは異なる。
映画の発明により、人々は自分の経験していない出来事を自分の目と耳で感知できるようになった。しかし、それは映画館という非日常的な場所でのみ可能だった。テレビの発明により、人々は日常生活の中で自分のしていない体験を追体験できるようになった。しかし、それは放送局が提供するものに限られた。
インターネットの発明はさらに大きな変革をもたらした。インターネットを通じて、私たちは自分が経験していない体験を、いつでも自由に追体験することができるようになった。ローマ帝国の生活、アポロ計画、世界大戦の様子などを動画で直接体験できるようになった。さらに、現在の天気予報や未来予測までも常にアクセス可能だ。
このように、現代ではローマ帝国もアポロ計画も世界大戦も、そして現在の天気予報も未来予測も、すべてが同じ時間と場所に同時に存在している。その結果、「過去」「現在」「未来」という概念は場所を超えて一つに収束し、時制の区別は曖昧になりつつある。
近い将来、すべての時制が現在形に統一される日が来るかもしれない。すべての時制が一つのデジタル世界に同時に存在する以上、時制の区別は意味を失うからだ。このような未来では、私たちの時間に対する認識も大きく変わるだろう。
--------
Created with ChatGPT 3.5

(注釈)
ChatGPTがまずまず期待通りの文章を出力してくれました。
ただ、気になった点は、日本語で入力した際には「ですます調」だったのに、事情があってそれを英訳し、再和訳したとき(上掲の文章)には「である調」になっていたことでした。これは本当に理由がわかりません。
posted by くまのおっさん at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | AIに書かせてみた | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック